ドワーフワークス

ソーシャルメディア利用ガイドライン

このガイドラインは、ドワーフワークス株式会社(以下、当社という)株式会社の社員及び契約社員(アルバイト)又は業務委託者など(以下、当社関係者という)を対象に、ブログなどのソーシャル・メディア・サービスに関わるための振る舞いや基本マナーについて定めています。

〇投稿に関するガイドライン 当社は、当社関係者が、個人でのソーシャル・メディア・サービスの利用を規制しません。むしろソーシャルメディアの開発や普及を担う会社に携わる個人として、積極的に活用する事を推奨します。ただし各人のソーシャル・メディア・サービスおける投稿に関しては、以下のガイドラインに従うこととします。

〇個人情報や秘密情報を公開しないこと 個人情報(お客様情報や取引先の情報など)及び重要情報・秘密情報・機密情報・極秘情報(開発情報や未発表のPR情報など)は、いかなる場合においても公開してはいけません。

〇会社の不利益になるような発言は避けること 当社や当社が提供するサービスについて、会社の不利益となる恐れがある発言は避けましょう。ただし、当社や当社が提供するサービスを褒めるだけではなく、万が一、提供するサービスに不備があったり公開している情報が間違っていたりした場合などは、真摯に事実を受け止め、誠実な受け答えを心がけましょう。また常に正しい情報を投稿できるように心がけましょう。

〇違法性のあるコンテンツ、極端な誹謗・中傷を含む発言を行わないようにすること ソーシャル・メディア・サービスでの活動は、各人の良識に委ねますが、違法性のあるコンテンツの投稿、極端な誹謗・中傷を含む発言や投稿を行わないようにしましょう。

〇個人の所有するアカウントに関するガイドライン 当社社員及び契約社員(アルバイト)が個人で利用する各種ソーシャル・メディア・サービスのアカウントの説明やプロフィールに、当社関係者である事を明記するかどうかは、各人の判断に委ねます。ただしアカウントの説明やプロフィールに当社関係者である事を明記している場合は、以下のガイドラインに従いましょう。

〇当社に属していることを正しく伝えること 当社関係者が個人で利用するソーシャル・メディア・サービスのアカウントの説明(例:プロフィール)には、当社に所属していることを正しく伝えるために、業務に支障がない範囲で、部署や役職、職種を明記する事を推奨します。ただし各人が利用するソーシャル・メディア・サービスのプロフィール全てに明記する必要はありません。必要に応じて判断しましょう。

〇会社としての正式な見解や回答では無いことを明示する ソーシャル・メディア・サービスでの投稿が、個人としての投稿であり、会社としての正式な発言や見解、回答では無いことを、アカウントの説明で明記しましょう。また認識の齟齬を避けるために、必要に応じて個別の投稿に、会社としての正式な発言や見解、回答では無いことを示しておくのは良いアイディアです。

〇常に良識ある発言・投稿を心がける ソーシャル・メディア・サービスでの活動は、各人の自由です。ただし、当社関係者であることを明記している以上、各人が発する発言や投稿は、当社の信頼性やブランドに大きく影響していることを心がけて、常に良識ある発言・投稿を心がけましょう。

2019年12月3日
ドワーフワークス株式会社
これらの内容は、社内外の状況に応じて予告なく変更される場合があります。